最近Web上はもちろん駅の広告とかCMでもよく見かけるロゼッタストーン。そのモニタープログラムである「TRY. RosettaStone」を友人のお誘いを受けて(変な勧誘とかではないです)はじめてみました。

↑例の黄色いやつですね。英語以外の言語でモニタープログラムを試す方も多いみたいなのですが、僕は英語で!

ロゼッタストーンを一言で表すと語学学習教材になるのですが、担当者さんのお話を聞いたり、実際に触ってみたりすると語学学習教材という言葉は正確ではない気がしてきます。

担当者さんのお言葉を借りると

いわゆる“教材”ではあるけど、定義する言葉がない
「喋って、通じて、また喋りたくなる」

とのことで、ほとんど触ってない自分からしてもこの言葉はしっくりきます。

そんな流れでロゼッタストーンのモニタープログラムの感想とかをこれからブログに書いていきたいと思います。今年は英語頑張りたいですし!